1. トップ
  2. SANBOH 販売管理について

SANBOH 販売管理について

SANBOH 販売管理はこんな皆様におススメです!

  • 請求書作成は手作業やエクセルで
    実施しているが、負荷が多く業務軽減したい方

  • 自社の販売実績を様々な角度から
    自由に分析したい方

  • 外出が多く、外出先でも販売履歴や
    在庫情報を確認したい方

  • 指定伝票が多く、業務が煩雑になっている方

  • 取引先からの履歴の問合せが多く、
    迅速な対応が必要な方

  • 法改正対応などのソフトバージョンアップを
    気にせずにシステム利用したい方

SANBOH 販売管理 が皆様の課題を解決いたします

SANBOH 販売管理 業務の流れ

SANBOH 販売管理はこんなシステムです!

外出先で行う業務はクラウド機能、事務所で行う業務はローカル機能として提供します。

SANBOH 販売管理 業務の流れ

SANBOH 販売管理 機能紹介

メインメニュー

SANBOH 販売管理の操作は、[マウスでクリック]または選択して[enter]キーを押すだけの簡単操作です。画面の右横には、“サポートパネル”があり、業務ガイダンスや項目ガイダンスが常に表示されますので、初めての方でも、迷うことなく直感的に操作が可能です。

お気に入りメニューで更に便利に・・・
よく使う業務はお気に入りメニューに登録できます。これにより、よく使う日常の業務は、カンタン・スピーディーに開始する事が可能です

メインメニュー

作成したい伝票がそのまま表示されて入力印刷できるメニューと直観的な感覚で操作ができる固定画面メニューの2タイプの入力メニューを用意しました。また、各伝票は売上の他に仕入単価の入力ができますので粗利管理ができます。

売上入力 売上入力

機能1各業務との接続機能

売上伝票入力は、見積・受注業務で入力したデータを呼び出して簡単に作成できます。また過去のデータとして保存されている電子保存データも“カコって検索機能”を使って作成できます。

各業務との接続機能

機能2多彩な選択方法

商品選択は、略号一覧・名称一覧・フリガナ一覧・商品名一覧からの選択やコード入力の他に、取引回数順一覧からの選択ができます。

多彩な選択方法

機能3単価管理機能

商品の売上単価には、上代単価・標準単価・特値単価だけでなく得意先別商品別の過去10件までの単価を確認入力する事ができます。得意先毎に最適な単価で伝票を作成ができます。

単価管理機能 単価管理機能

機能4伝票入力中のマスタ登録

得意先選択や商品選択時に、登録していなかったものをその場でマスタ登録する事ができます。マスタ登録も、一覧形式で全得意先や全商品の参照や、複写してから登録することもできますので、業務の流れを止めることなく入力を継続できます。

伝票入力中のマスタ登録 伝票入力中のマスタ登録

機能5入数管理

商品マスタに3種類の単位を用意しています。各単位ごとに、入数と単価の登録ができ伝票入力時には商品の出荷形態ごとに単位を選択できます。

商品名 単位 入数 標準単価 仕入単価
激ウマコロッケ - 80 30
激ウマコロッケ パック 10 780 300
入数管理 入数管理

機能1カンタン見積書作成

見積書発行では、新規作成のほかに、以前作成した見積書を参照して活用する事ができます。また、仕入金額を参照して、粗利や粗利率を確認しながら作成できるので、適正な利益が取れているかどうかきちんと把握できます。

カンタン見積書作成

機能2見積単価一律訂正

見積書ごとに単価を一律にアップ/ダウンさせて再計算し、見積金額をシュミレーションする事ができます。目標合計金額を設定する方法と、単価訂正掛率を設定して訂正する方法を選択できますので、一度作成した見積書を一から入力する手間を削減できます。

見積単価一律訂正

機能3売上取引照会

得意先を指定する事により、カンタンに過去の売上明細を照会できます。また、その明細行を指定する事により、ドリルダウンしてその伝票を呼び出して訂正などができます。

売上取引照会 売上取引照会

機能4売上帳印刷

売上帳はA4タテ A4横の2種類から選択できます。

売上帳印刷 売上帳印刷

スピーディな請求処理

売上・入金の取引情報から請求データを得意先の締日に合わせて簡単作成できます。前月までの請求残高や請求時の値引き処理などにも対応しています。

機能1多彩な締日設定

期間請求や個別請求など、多彩な設定ができます。個別請求の場合には、売上時に自動的に請求処理済となり、新たに請求書を発行する必要がありません。また締日を“空白”にしておけば、締日を設定せずに任意の売上日付の範囲指定で請求書を発行する事ができます。例えば、盆暮請求などや、出張時に今日までの売上分を纏めて請求書作成したい場合などに、手間なくスピーディーに発行できます。

多彩な締日設定

機能2単価未入力検索入力

納品時に単価・金額が付けられていない明細(単価がゼロの『明細』)を検索して抽出する事ができます。その場で、ドリルダウンができ、該当する伝票入力画面を呼び出せますので、カンタンに単価・金額を入力する事ができます。

単価未入力検索入力 単価未入力検索入力

機能3親子請求形態に対応

請求書は支店宛に発行し、売掛は支店分も含めて本社に合算請求する親子関係のケースにも対応しています。

機能4請求漏れを未然に防ぎ、回収漏れをチェック!

請求一覧表は請求書印刷前の確認表として印刷したり、担当者別に印刷したりすることで、得意先売掛残高のチェックとして利用したりすることができます。

請求漏れを未然に防ぎ、回収漏れをチェック!

買掛管理から支払予定の管理まで柔軟に対応できます。

機能1仕入買掛のカンタン管理

仕入・支払のデータを入力する事により、仕入先への支払内容の確認に便利な支払明細書を自動集計するなど、迅速かつ正確な買掛残高管理ができます。仕入入力時には、仕入先別商品別前回単価参照機能や仕入単価履歴参照機能がありますので仕入先の単価間違いをその場でチェックする事ができます。更に、在庫業務に接続すると、商品の在庫情報が把握でき、在庫割れや過剰在庫の確認を取る事ができます。

仕入買掛けのカンタン管理 仕入買掛けのカンタン管理

機能2スピーディな買掛元帳印刷

仕入先からの請求書とのチェックに活用できます。

スピーディな買掛元帳印刷

機能3仕入先からの請求消費税の訂正がカンタン

端数処理などの問題で、計算上の消費税と実際の請求消費税に差が生じる事もあります。そんな時でも、仕入先の伝票に合わせた支払消費税の訂正入力にも対応しています。

仕入先からの請求消費税の訂正がカンタン

売上・仕入との連動でカンタンで正確な在庫管理ができます。

機能1リアルタイムで在庫数確認

売上システムと仕入システムと連動して、在庫管理ができます。売上・仕入のそれぞれの入力業務では、商品選択時に在庫数量を表示し確認しながら入力ができます。それ以外の入出庫は、入庫伝票・出庫伝票の入力で対応できます。出庫伝票では、自社消費や破損・廃棄などの出庫理由が選択できるので出庫状況を正確に把握できます。

仕入買掛けのカンタン管理 仕入買掛けのカンタン管理

機能2実情に合う評価方法の選択

在庫評価の方法は「予定価格法」「最終仕入原価法」「月次総平均法」の3種類をご用意、取扱商品にマッチした運用ができます。

実情に合う評価方法の選択

機能3セット商品管理

複数の商品を組み合わせて1つのセット商品として在庫管理できます。セットを合成すると、構成商品の在庫数が減少し、セット商品の在庫が増加します。1度セットした商品を分解し、構成商品に戻す事もできます。

セット商品管理

機能4棚卸業務

棚卸サイクルに合わせて、月次・半期・通期単位で棚卸ができます。商品実地棚卸表を作成し、実在庫数量とシステム上の在庫数量を比較しながら棚卸入力を行います。

棚卸業務 棚卸業務

機能5商品受払管理

商品受払帳で商品の受入(仕入)と払出(売上)の実績及び残高数量、売上原価が一目で確認できます。

商品受払管理

日々入力する取引データを元に、日報・当月累計日報などをご用意しています。

機能1日報作成

処理日付の範囲指定と伝票日付の範囲指定ができます。例えば、処理日付指定の場合には、本日の入力データのチェックリストとしてご利用できます。
また伝票日付の日付範囲を
 1月1日から1月1日までと設定 → 日報
 1月1日から31日までと設定  → 月報
 1月12日から19日までと設定  → 週報
として活用できます。
得意先別、商品別、担当別、得意先分類別、商品分類別、日付別等、様々な角度からの集計ができます。

日報作成 日報作成

機能2累計日報

印刷対象の得意先や商品を選択もしくは範囲指定する事により当日分の売上と当月累計の集計が行えます。これらは、得意先別、商品別、担当別等、様々な角度からの集計ができます。

累計日報

全ての帳票は、事前にプレビューで画面確認ができます。事前に画面で確認の上、必要最小限の印刷に留める事により印刷代などの経費の削減につながります。

機能1売上取引照会

得意先を指定する事により、カンタンに過去の売上明細を照会できます。また、その明細行を指定する事によりドリルダウンしてその伝票を呼び出して訂正などができます。

売上取引照会 売上取引照会

BIツール

納品書や請求書などを作成するために入力されたデータを、見やすい表やグラフに変換します。さらに、表やグラフ上の気になる部分をクリックすると、その項目内容のドリルダウンも可能です。会社の強みや改善すべき課題など、必要な情報を「見える化」し、経営者の意思決定をサポートする分析ツールとして活用できます。

売上に貢献している商品群を選択し、気になる商品は別な視点で分析できます。商品ごとの売上高の確認だけでなく、例えば、"産地”や”等級(商品分類設定必要)”でクローズアップできるため詳細な分析が可能です。

BIツール

機能1売上仕入同時入力(受注発注同時入力)

直送や取り寄せ商品の売上等、普段在庫を持たない商品の売上処理は、受注(売上)処理と発注(仕入)処理を、別々に行わねばなりません。SANBOH 販売管理では、受注(売上)発注(仕入)同時入力機能が標準装備されています。
受注(売上)時に受注(売上)処理と発注(仕入)処理を同時に行うことができ、スピーディにかつ正確に処理が行えますので、業務効率が大幅に向上し発注ミス・漏れの防止と正確な納期管理を同時に実現できます。

売上仕入同時入力(受注発注同時入力) 売上仕入同時入力(受注発注同時入力)

機能2情報をタイムリーにつかめるサポートパネル

パネルの内部にお知らせボタン(特許取得済)などが表示されます。入力の状況に合わせてその時々に必要な情報を「ボタン」という形でお知らせします。緊急性や重要度よって色を変え、能動的に教えてくれます。

お知らせボタンをタッチすると、得意先や商品の詳細情報、さらには過去の伝票をサポートパネル上で手軽に確認することが可能です。入力画面を開いたまま取引上の注意点を確認できるので、気付いた内容をすぐに伝票に反映できます。

情報をタイムリーにつかめるサポートパネル情報をタイムリーにつかめるサポートパネル情報をタイムリーにつかめるサポートパネル情報をタイムリーにつかめるサポートパネル

多彩な役割 サポートパネルが刻々と変わり、用途に合わせてサポートします。

操作支援のガイダンス

操作支援のガイダンス

リスクを感知してアラート情報へ

リスクを感知してアラート情報へ リスクを感知してアラート情報へ

得意先/商品のお知らせ情報

パネルをクリックして得意先や商品の詳細情報へ

得意先/商品のお知らせ情報 パネルをクリックして得意先や商品の詳細情報へ パネルをクリックして得意先や商品の詳細情報へ

機能3ドリルダウン ~売上(仕入)(商品受払)照会~

商品の受払明細を指定する事により、カンタンに過去の売上明細や仕入明細、入出庫明細などの情報を照会できます。

売上帳印刷 売上帳印刷

1枚の納品書の中に、個数単価と100gあたりの単価が混在する場合

納品書の計算式では、数量×単価=金額となるのが一般的ですが、100g単価の商品の場合
  数量500g 単価1000円 金額5000円となります。
そんな複数の計算方法が混在する納品書でも、SANBOH 販売管理ならワンタッチで操作が可能です。

売上帳印刷 売上帳印刷

1枚の納品書に異なる計算方法が混在する場合でも、面倒な操作をせず、商品選択して、数量・単位・単価を入力するだけで、自動的に売上金額も粗利金額も計算します。

入数やケースの単価の設定をカンタンに行いたい場合

バラで買うよりケースで買った方がお買い得な設定をしていた場合

  入数 ケース数 総数 バラ単価 ケース単価 売上金額
山梨もも     100 500   50,000
山梨もも 20 5 100   9,000 45,000
売上帳印刷 売上帳印刷

面倒な計算は必要ありません。単位を選択するだけで、自動的に売上金額も粗利金額も計算します。

機能1登録されている書式は100種類以上

登録されている書式は、コクヨやヒサゴ等の市販伝票、チェーンストア統一伝票や菓子統一伝票などの統一伝票、ホテルや自治体、学校、料亭、地域スーパーの伝票など、様々な種類をご用意しています。
伝票以外にも、運送会社の送り状や封筒、ハガキ、市販の封筒などもご利用できます。

登録されている書式は100種類以上

機能2用途に応じて2つの印刷方式機能(入力印刷機能と一括印刷機能)を自動設定

書式DBに登録されている書式を選び登録するだけで、入力と同時に印刷するプログラムと、入力後まとめて一括印刷するプログラムが自動的に生成されます。実業務に合わせて、その時々の用途に応じて使い分けて頂く事ができます。

機能3書式DBは随時追加

100種類以上の様々な種類の書式は随時追加され、どんどんと増えていきます。

機能1フォームの修正はプログラム知識の無い方でもカンタンに自在に変更が可能です

修正したい箇所を指定するだけで、書式上の配置、文字の大きさ、桁数、小数点以下の設定などを変更できます。また、登録された書式に設定されていない項目を新たに設定する事もできます。

フォームの修正はプログラム知識の無い方でもカンタンに自在に変更が可能です フォームの修正はプログラム知識の無い方でもカンタンに自在に変更が可能です

機能2分かりやすい2つの表示モード(項目名表示/桁数表示)を切り替えて、スムーズに設定が可能

設定している項目名を分かり易く表示させる項目名表示モードと数量や単価・金額欄などに必須な桁数表示モードの二つのパターンをご用意していますので書式を修正しながら自在に切り替えて確かめながら設定することができます。

分かりやすい2つの表示モード(項目名表示/桁数表示)を切り替えて、スムーズに設定が可能 分かりやすい2つの表示モード(項目名表示/桁数表示)を切り替えて、スムーズに設定が可能

機能3項目の入力順序も思い通りに設定

各項目の入力順序は、ご自身で使いやすいように設定が行えます。一度設定した後からでも変更することができます。

項目の入力順序も思い通りに設定

機能13ステップの簡単設定 

ステップ(1)
設定したい用紙をスキャナーで読み込んで行数などを設定します。

3ステップの簡単設定 

ステップ(2)
予め用意された書式DBフォームから類似したものを選択します。

3ステップの簡単設定 

ステップ(3)
新しい用紙フォームに、用意された書式DBの設定項目が自動的に配置されますので、位置や桁数などを調整します。

3ステップの簡単設定 

機能2新しい用紙は2つの方法で取り込むことが可能

スキャナーをPCに接続して直接取り込む方法と複合機などで事前に取り込んでおいたイメージを利用する方法と2通りの取込方法が選択できます。

新しい用紙は2つの方法で取り込むことが可能

機能3メニューへの自動登録機能

伝票書式の設定が終了すると、自動的にカスタムフォームメニューに登録されますので、今作成したフォームがすぐにお使いいただけます。

メニューへの自動登録機能 メニューへの自動登録機能

SANBOH 販売管理 動作環境

対応OS

Windows7 Home Premium(Service Pack 1 以降)
Windows7 Professional(Service Pack 1 以降)
Windows8.1
Windows8.1 Pro
Windows10 Home
Windows10 Pro
※各⽇本語OSの64ビット版、32ビット版に対応しています。

対応機種(CPU)

Intel Core i3 相当以上を推奨

メモリー

4GB以上を推奨

ハードディスク

空き容量20GB以上

データベース

SQL Server 2014 (Service Pack 2) Express
※当システムのインストール時にインストールします。
必要なソフトウェア
.NET Framework 4以降
※インストール済みでない場合は当システムのインストール時にインストールします。

Webブラウザー

Windows:Internet Explorer11、Google Chrome最新版
Mac:Safari9以降
Android:Google Chrome最新版
iOS:Safari(iOS10以降)

ディスプレイ

解像度:1920×1080以上を推奨

ネットワーク

ADSL 10Mbps以上のインターネットに接続できる環境が必要です。有線LAN接続を推奨します。

スキャナー

SANBOH 販売管理では、BMP形式及びJPEG形式のファイルを取り込みます。
SANBOH 販売管理から直接スキャナーを制御する場合には、TWAINに対応したスキャナをご使用ください。

プリンター

ページプリンター:A4サイズ以上に対応したプリンター
インクジェットプリンター:A4サイズ以上に対応したプリンター
ドットインパクトプリンター:下記モデルにて連動確認済み
          株式会社沖データ:MICROLINE 5650SU3-R, MICROLINE 8480SU2
          富士通アイソテック株式会社:fit7450, fit7550