1. トップ
  2. 経営に役立つ気づきのポイント
  3. IT投資は導入効果が分からない!?

IT投資は導入効果が分からない!?

稼ぐ中小企業はIT投資上手

人材不足や導入効果が分かりづらいこと等を理由に、「IT投資がなかなか進まない」「意思決定ができない」という声をよく聞きます。しかし、ITは自社の強み弱みを数字で見える化し、経営を順調に行うためのヒントを経営者に授けてくれる大変有用なツールです。経営分析・売上拡大をお考えなら、まずは検討されることをおすすめします。高収益企業ほど有効的にIT投資を行い、注力すべき得意先や商品を分析し、売上拡大に結び付けています。

稼ぐ中小企業はIT投資上手

参謀タウンからの助言

  • ・導入の目的を明確にし、具体的に成果を数字化して設定しましょう!
     (売上UP・利益率改善・残業時間削減・社員の定着率 等)
  • ・例えば、売上UPのために、商品、地域、顧客特性、時期などの観点で分析を行い、自社の強み弱みを発見します!
  • ・一定期間ごと、設定した導入効果を測定し、効果が出ていない場合は、原因を調査し、運用方法の改善を実施しましょう!

SANBOH 販売管理で「ここ」を改善!!

BIツールの活用

SANBOH 販売管理を利用すると、分析パターンが豊富に用意されたBIツールも利用ができます。
入力したデータが年度別や月別に自動集計されるので、ITを活用し現状の把握から、今後の販売戦略策定に利用できます。

拡大画像をクリックすると拡大イメージを表示します

BIツールの活用

得意先を特性や販売地域別、商品をジャンル別などに分類を設定することで、それぞれの観点から集計ができます。自社の得意、不得意な部分をより詳細に分析することが可能になります。

BIツールの活用

関連する記事