SANBOH TOWN

軽減税率のポイント

  1. トップ
  2. 軽減税率のポイント

2019年10月の税率引き上げと同時にスタートするのが軽減税率制度です。2019年10月の税率引き上げと同時にスタートするのが軽減税率制度です。

軽減税率は国民が納税を負担に感じることを緩和する目的でつくられ、飲食料品や新聞などの税率を8%に据え置く制度です。
今回の消費税の改正は過去の増税時の対応と異なり、各企業、特に食品製造・販売事業者においては事前の準備が少々大変ですので、直前に慌てないためにも、いまから始めていきましょう。

こんなふうに思っている事業者の方いませんか?

そんなことありません!軽減税率は、すべての事業者に関係があります。
どんな制度なのかを理解して、今から準備していきましょう。

軽減税率の対象品目ってなに?

軽減税率8%の対象品目は、【飲食料品】と【新聞(定期購読の契約をした週2回以上発行)】とされています。
それ以外の【酒類】【医薬品・医薬部外品】は標準税率10%となります。

また、【テイクアウト】【宅配】【持ち帰り弁当】は軽減税率8%となりますが、
飲食をさせるサービスの提供(テーブル・いすなど)がある【外食(店内・フードコートでの飲食)】【ケータリング・出張料理等】は標準税率10%の対象品目となります。

このように軽減税率の対象品目は非常に複雑となっておりますので、あらかじめ自社の取扱商品を確認しておくことをおすすめします。

やっぱり、関係ない・・・と思われた方! 副資材などの仕入で複数税率が発生します。

例えば、コーヒー店で販売する商品がすべて軽減税率8%の対象品目でも、仕入品目には軽減税率8%の【飲食料品】もあれば、 標準税率10%の【紙コップ】【トレー】【スプーン】【フォーク】といった副資材もあります。
仕入の税額控除は、税率ごとに記帳しなければ受けられませんので気をつけてください。
また軽減税率8%の対象品目のみ販売している業者でも、宅配便などの配送料を別途請求する場合、配送料は標準税率10%となるのでご注意ください。

国税庁「消費税軽減税率制度の手引き」(平成30年8月)

国税庁「消費税軽減税率制度の手引き」(平成30年8月)

仕入れ商品
消費税改正のスケジュールは?

2019年10月の消費税10%引き上げ・軽減税率の施行から 「区分記載請求書等保存方式」が導入され、その4年後の2023年10月から「適格請求書等保存方式(インボイス)」の対応まで、段階的かつ継続的な対応準備が必要です。

2019年10月1日消費税10%・軽減税率開始 2019年10月1日消費税10%・軽減税率開始
【区分記載請求書等保存方式】(2019年10月1日~2023年9月30日)
区分記載請求書等保存方式(インボイス)

A) 軽減税率対象商品である旨の記載(記号もしくは税率など)

B) “※”マークが軽減税率の対象であることを示す記載

C) 税率ごとに区分して合計した課税資産の譲渡等の対価の額
(税込)すなわち商品の税込売上金額

【適格請求書等保存方式(インボイス)】(2023年10月1日~)
区分記載請求書等保存方式(インボイス)

A) 軽減税率対象商品である旨の記載(記号もしくは税率など)

B) “※”マークが軽減税率の対象であることを示す記載

C) 税率ごとに区分して合計した課税資産の譲渡等の対価の額
(税込)すなわち商品の税込売上金額

D) 事業者(登録)番号(課税業者のみが申請して付番される)

E) 税率ごとに区分した税抜価額又は税込価額の合計額と適用税率

F) 税率ごとに区分した消費税額

軽減税率制度のポイント

軽減税率(複数税率)に対応したシステム導入が必要です

軽減税率にも
もちろん対応! 軽減税率にも
もちろん対応!
伝票作成から売上分析まで小規模企業の強い味方
軽減税率理解度クイズ

軽減税率に関するクイズを3問出題します。全問正解目指してがんばりましょう!

第1問

洋酒の入ったチョコレート菓子は軽減税率対象商品である。

酒類を原料とした菓子であっても、その菓子が酒税法に規定する酒類に該当しないものにつては、軽減税率対象の飲食料品に該当しますので軽減税率が適用となります。

第2問

日本酒を醸造する為のお米は、酒を造る為のコメなので軽減税率対象にはならない。

日本酒を製造する為の原材料のコメは、酒類ではなく食品表示法の規定する「食品」となります。従って軽減税率対象商品となります。

第3問

寿司屋さんでお土産に上にぎりの注文を受けた。これは軽減税率対象である。

外食としての食事の提供か持ち帰りになるかは、その飲食料品を提供等を行った時点で判定するとされています。注文した時点で、持ち帰る意志でしたので軽減税率対象となります。

軽減税率クイズにもっとチャレンジしたい方はこちらをクリック!

品目区分編 提供場所などの区分編
もっと知りたい!軽減税率 (資料・コラム・セミナー等のご案内)
もっと詳しい資料を読みたい!
セミナーを開催してほしい!

また、全国各地の組合様のご要望を受け、「軽減税率セミナー」を開催しております。セミナー開催についてのご相談は、下記お問い合わせ窓口までご連絡ください。

【お問い合わせ窓口】
Tel:03-6316-4734 
Mail:sanboh@casio.co.jp
軽減税率にも
もちろん対応! 軽減税率にも
もちろん対応!
伝票作成から売上分析まで小規模企業の強い味方