SANBOH TOWN

がんばる会社に聞きました

  1. トップ
  2. がんばる会社
  3. お客様に愛され創業100周年!東京・品川の地で歴史を紡ぎ続ける [1/3]

お客様に愛され創業100周年!東京・品川の地で歴史を紡ぎ続ける [1/3]

  • 売上・集客拡大

品川屋海苔店(海苔販売事業) 保川 泉様

異業種での勤務から、老舗海苔店を継承する事となった保川様。創業100年を超え、顧客や地域とともに歩み、長く愛され続ける理由を伺いました。

歴史を受け継ぐ創業100年以上の老舗海苔店

伝統的な江戸前の海苔を扱う海苔店として誕生。

品川屋海苔店は、大正元年に創業しました。この品川という土地は東京湾が近いため、昭和30年頃まで海苔漁が盛んだったんです。その歴史を受け継ぎ、私たちは海苔の製造から販売を手掛けるようになりました。現在は、品川で海苔が取れなくなったので、同じ東京湾に面している千葉の木更津や富津の海苔を扱っています。創業時から大切にしているのは、海苔の品質と味。繊細な味を評価してくださるお得意様が多いことは、私たちの誇りですね。

創業100年を超え、品川区から永年継続事業所顕彰のトロフィーをいただきました。この周辺は旧東海道の宿場町だったことから、呉服屋さんや畳屋さん、和菓子屋さんなど、長い歴史を持つお店屋さんが多いんですよ。私は品川屋海苔店の4代目を継ぎましたが、実は、婿養子としてこの家にやってきたんです。文房具屋の三男として生まれた私は、長男が家業を継ぐことになっていたので、妻の家に入ることになりました。妻は一般企業で事務として働いていたのですが、「お父さんの代でお店を終わらせたくない」という思いを聞いていたので、結婚を機に、二人でこのお店を継ぐことになったんです。

お客様から長く愛されてきたお店。

私たちのお客様は、料亭やお寿司屋さん、企業、そして一般のお客様が中心です。今は、四谷、神田、築地、青山の十数件に商品をお届けしています。どのお客様も長いお付き合いですね。四谷にあるお寿司屋さんは、数々の著名人が足しげく通う有名店。ここでは、70年以上も前から私たちの海苔を使っていただいています。

昔は良く料亭に海苔を納めていたので、そこに来ていらっしゃる三味線のお師匠さんや長唄、小唄の歌い手さんが、新たなお客様を紹介をしてくれるということもありました。一度私たちの海苔を召し上がった方が、「贈り物でいただいて美味しかったので」と直接買いにいらっしゃることも多かったです。私たちのお客様は、若い人よりも年配の方が圧倒的に多いですね。

品川屋海苔店(海苔販売事業) 保川 泉様

文房具屋の三男から、老舗海苔店の経営者へ。品質はもちろん、味の良い海苔をお届けするため、日々お客様のニーズにこたえながら、地域活性化にも取り組んでいる。

品川屋海苔店
〒140-0001 東京都品川区北品川2-26-19
TEL:03-3471-4649
URL:http://k-shina.com/

経営に役立つ情報やノウハウを公開中
SANBOH 販売管理