小規模製造・卸売業で勝ち続けるヒントがここに!SANBOH TOWN

コラム売上拡大、人材不足、助成金、システム導入などの課題解決

  1. SANBOH TOWNトップ
  2. コラム
  3. 中小企業のGoogleマップ対策 ~ 放置はリスク!

中小企業のGoogleマップ対策 ~ 放置はリスク!

  • 売上・集客拡大

自社のホームページ、開設してますか?

お歳暮ギフト

もちろん今日、小売(BtoC)を手がける企業で、自社ホームページを軽視しているという企業はほとんどないと思います。
ただ、製造・卸売り(BtoB)を手がける企業におけるホームページは、新規問い合わせ獲得などを目的に積極的に取り組んでいるケースがある一方で、既存顧客とご商売との兼ね合いなどの事情から、あまり予算、工数をかけていないケースも多いように思います。極端な話「昔作ったホームページがそのままで、スマホでは見にくい」ということはないでしょうか?
ただ、それも限りあるリソースの中での優先順位としての判断ですので、絶対に間違いというものではないと思います。

ただ、最近放置できない問題がでてきました。それがGoogleマップです。この記事では、Googleマップ上の自社に関する情報を放置するリスク例と、その対策について解説したいと思います。

Googleマップに自社はどう表示されている?

さて、さっそくですが、Googleで自分の会社名を検索してみてください。「あ!載ってる。Googleマップも表示されたけど、掲載内容にぜんぜん身に覚えがない・・・」という方はいらっしゃいませんか?Googleマップは、自社でなにもしていなくても、一般のお客様の投稿を元に会社情報が掲載されている場合があるのです。

その結果、最悪のパターンは、

  • 自社のホームページがない(もしくは、表示されない)にもかかわらず
  • Googleマップには自分の会社情報が表示され
  • 明らかに事実とは異なるネガティブコメントが数行掲載されている

ケースです。BtoB企業にありがちな、①ホームページの優先順位が低く、昔作ったまま放置している②人手不足のため紙媒体の求人広告は出している という状況を想像してみてください。
応募者は、あなたの会社をネットで検索します。そして、Googleマップに表示されたあなたの会社の情報を見て、応募を取りやめてしまうという恐ろしいことがおきているかもしれません。

Googleマイビジネスを使おう!

そこでおすすめしたいのが、「Googleマイビジネス」です。「Googleマイビジネス」は無料で、大きく以下4つのことができます。

  1. Google検索結果やGoogleマップ上に、自社名・住所・営業時間・電話番号など、
    自社に関する情報を掲載することができる
  2. 外観や商品の写真などを投稿することができる
  3. ユーザー(お客様)が投稿する口コミの管理・返信をすることができる
  4. 無料で自社のWEBサイト(スマホ対応)を作成することができる

まずは「1.Googleマップに自社の正確な情報を掲載する」という点を最低限と押さえましょう。そして、必要に応じて2~4も取り組まれるとよいと思います。

「Googleマイビジネス」への登録は簡単にできます。

  1. 「Googleマイビジネス」トップページからユーザー登録をします。
    https://www.google.co.jp/intl/ja/business/
  2. 次に、「ビジネス名」という箇所に自社名を記入して「次へ」進みます。
  3. その後、画面の案内に沿ってGoogleマップ上で表示させる住所や電話番号などを登録し、Googleマイビジネスの仮登録が完了します。
  4. 「本人確認」の手続きを経て本登録が完了し、利用が可能になります。

たとえご商売の上で、ホームページの優先順位が低く、求人をしていないとしても、銀行の融資担当者や、取引先が検索する可能性はゼロではありません。自社に関する情報が正しく伝わることはかなりメリットになると思います。ぜひ時間のあるときに「Googleマイビジネス」に登録してみましょう!

※本コラムは2019年6月17日時点の情報をもとに作成されています。

軽減税率にももちろん対応!SANBOH 販売管理

カシオ計算機株式会社 システム営業統轄部
営業企画室 三上哲章

おすすめの販売管理システム

SANBOH 販売管理は、納品書・請求書作成から売上分析まで小規模製造・卸売業の強い味方。登録なしで無料体験ができます。

販売管理ならSANBOH 販売管理