コラム

  1. トップ
  2. コラム
  3. 販売管理とは? 販売管理ソフトって本当に必要なの??

販売管理とは? 販売管理ソフトって本当に必要なの??

  • 販売管理・IT化

販売管理って必要なの?

「販売管理って必要なの?うちの会社は小さいし、販売管理ソフトなんてなくたって、エクセルで見積作れるし、納品書や請求書だって印刷できるでしょ?入金の管理もできるし、いらないよ」と思われている方は結構多いのではないでしょうか?
ですが、必要です。会社を維持し、発展させたいと思うなら、絶対に必要です。

損益計算書(P/L)を思い浮かべてみましょう。

販売管理ソフトの確認・選定ポイント

損益計算書とは、1年間の経営成績を表す決算書です。一番上に書いてあることは「売上高」で、俗にトップラインと呼ばれます。次の行に「売上原価」が記載され、いきなり3行目で小計である「売上総利益(粗利)」を計算しています。なぜでしょう?それだけこの3行の数字が重要だからです。「売上総利益(粗利)」の段階で数字を最大化できないと、多くの場合、以下、たくさんの行の費用支払いがまかなえず、最終成績であるボトムライン「税引き後純利益」を確保することができません。
そして、この3行の数値を毎日管理し、改善するために「販売管理」があります。エクセルを使えば納品書や請求書はきれいに作成できるかもしれませんが、その数値を網羅的に管理して、本当の意味での「販売管理」を行うことは難しいと思います。

販売管理ソフトって何ができるの?

そして、それ以上に重要なことが、日々「売上総利益(粗利)」の見込み額も自動的に算出できることです。これが分からないと、状況は良好といえるのか、てこ入れが必要なのかも経営判断できないことになります。

エクセルと大きく違うのは、マスタ管理の充実

増収増益は、ごく単純化していえば「得意先が高く買ってくれて、商品を安く製造または調達でき、高い値段でたくさん売れているとき」です。ですが、得意先にも事情があります。継続して付き合っていれば高く買ってくれるときもあるし、そうでないときもあります。商品も同様で、高くたくさん売れるときも、そうでないときもあります。「販売管理ソフト」では、このような「売上総利益(粗利)」の変化をもたらす重要な要素を、得意先マスタ、商品マスタとして登録することで、得意先別という軸で「売上の変動推移」を分析できたり、商品別という軸で「売上総利益(粗利)の変動推移」を管理できたりということを実現しています。

無料で試せる!SANBOH 販売管理のご紹介

得意先と商品をマスタとしてきちんと整備するのは大変ですが、それさえできていれば、見積書、納品書、請求書、仕入、支払、在庫管理といった広範囲の事務負担を圧倒的に便利にできるのが「販売管理ソフト」です。おそらく、販売管理を銘打っているものであれば、どのソフトを購入しても、この点はほぼ実現できるでしょう。ただ、「販売管理」の真の目的である「売上総利益(粗利)の最大化のために」活用しきれるものは少ないのでは?と感じています。

当社がご提供するSANBOH 販売管理の大きな特長のひとつが、この点を強力に支援する「経営分析ツール(BIツール)を標準で備えていることです。(SANBOH 販売管理本体の利用料金にBIツールの利用料金も含まれています)
SANBOH 販売管理では、マウスによるかんたんな操作で、しかも、必要であれば経営者が外出先や自宅からでも、「売上総利益(粗利)の最大化のための活用」を行うことができます。得意先別の粗利の推移、売れ筋商品の抽出など、マウス操作で瞬時に引き出すことができます。
SANBOH 販売管理は無料でダウンロードできる体験版をご用意しておりますので、他社の販売管理ソフトをご検討中の方も、ぜひ検討の一助としてご利用いただければ幸いです。

軽減税率にももちろん対応!SANBOH 販売管理

カシオ計算機株式会社 システム営業統轄部
営業企画室 三上哲章

SANBOH 販売管理