コラム

  1. トップ
  2. コラム
  3. 6次産業化に取り組む前に!農家・農業従事者が押さえておきたい3つのポイント

6次産業化に取り組む前に!農家・農業従事者が押さえておきたい3つのポイント

  • 売上・集客拡大

現在、一次産業の中で話題になるキーワードの一つに「6次産業化」があります。6次産業化は生産、加工、販売の一貫経営を目指すものです。そして、6次産業化を取り組むうえでポイントは次の3つになります。

①自立型経営
②加工品開発
③観光市場開拓

生産から販売まで取り組む自立型経営

生産から販売まで取り組む自立型経営

いままで多くの生産者は品質の良いもの、安全なものをつくることに取り組まれてきました。現在の流通業や百貨店の低迷を考えると、既存流通に載せるだけでは安定した市場価格を望むことは難しく、安定して利益を出すことは難しくなっています。

そのような中で生産者がまず取り組むべきは、農産物の生産だけではなく、販売までを考えて経営することであり、6次産業化で成功されている経営者の多くがこの発想がもっとも重要だと話されています。6次産業化に取り組むには、生産から販売まで自分達で責任を持って、市場価格や補助金をあてにするのではなく、自立した経営を行うことが大切になります。

加工品開発で付加価値アップ

6次産業化を行う上でポイントになるのは自分たちの「生産しているものの付加価値をいかに上げるか」になります。そのときに“マーケティング”が必要と言われますが、難しく考える必要はありません。シンプルに「誰に」「何を」「どのように」して販売するかを考えるだけです。
ただし、気をつけなければならないのは「誰に」(ターゲット)というポイントです。6次産業化で失敗例の多くがこのターゲット視点がなく失敗しています。作り手の視点だけで加工品をつくり、実際に欲しいと思うお店や消費者がいないのでうまくいかないのです。

つまり、加工品を開発するときにはターゲットを決めてそこにマーケットがある(欲しいと思う人や店がある)商品をつくる必要があります。

伸びている観光マーケットを攻略する

伸びている観光マーケットを攻略する

そして、今後の販売を考える上で外せないのが観光マーケットになります。人口が減少する日本の市場の中で伸びているマーケットの一つになります。そして、6次産業化の中で重要な付加価値のアップにおいても観光マーケットは魅力的なマーケットです。
観光マーケットは非日常のマーケットであり、消費の単価があがります。皆様もせっかくだからと普段では食べないような価格のランチを食べたことがあると思います。
例えば、観光地でプリン販売する繁盛店舗はプリンを1つ400円で販売しています。地元の洋菓子店では通常200円台、高くても300円台までですが、観光という非日常のマーケットでは日常の2倍以上の単価で販売することができるのです。

これから6次産業化に取り組むには、“①既存流通に頼らない自立型経営”、“②マーケットに合った加工品開発“、”③伸びている観光市場での付加価値アップ“に取り組むことが必要になります。

本記事で紹介しました、農家・農業従事者が6次産業化により観光マーケットを獲得するためのヒントをレポート(eBook)にまとめましたので、以下よりご覧ください。

株式会社船井総合研究所 フードビジネス支援部 メーカー・フードビジネスグループ
経営コンサルタント 前田 輝久

SANBOH 販売管理