1. トップ
  2. 次世代経営コラム
  3. 中小食品メーカーが「ヒット商品を作る」ための4つのステップ

中小食品メーカーが「ヒット商品を作る」ための4つのステップ

株式会社船井総合研究所 フードビジネス支援部
メーカー・フードビジネスグループ チームリーダー
チーフ経営コンサルタント 横山 玟洙

日本の食品メーカーは諸外国と比べても大手も中小も低利益率な現状・・

「ヒット商品を作りたい!」――これはどの食品メーカーにも共通する願いでしょう。しかし、なかなか一筋縄ではいかないもの。幾度とない試行錯誤を繰り返しながら、開発に苦戦されているメーカーさんも多いことと思います。

今回は、ヒットを生み出す中小食品メーカーの商品開発法について、4つのポイントをご紹介したいと思います。

さて。その前に、お話しておきたいのが、世界から見た日本の食品メーカーの現状です。

日本の食品メーカーは諸外国と比べても大手も中小も低利益率な現状・・

人口減少と市場の成熟化により、売上規模の拡大が難しくなった国内市場では、利益率をより重視した経営手法が進んできています。

これは中小企業だけの問題ではなく、大手メーカーも総じて同じ傾向です。
(参考:食品需要研究センター「食品企業財務動向調査」、日本貿易振興機構「欧州中小企業から学ぶ販路開拓事例 (食品編)」)

事実、実態として国内の10億円未満の食品メーカーの営業利益率は5.6%であるのに対し、日本と同じく99%が中小食品製造企業である欧州の中小食品製造業では、英国11.5%、オランダ10.1%、フランス16.0%と、日本の利益率が極端に低いことが分かります。

このコラムは会員限定です。会員登録を行うと続きをお読みいただけます。

関連する記事