1. トップ
  2. 次世代経営コラム
  3. 人口減少による市場縮小を乗り越えるための、BtoC事業強化のすすめ

人口減少による市場縮小を乗り越えるための、BtoC事業強化のすすめ

株式会社船井総合研究所 フードビジネス支援部
メーカー・フードビジネスグループ
マーケティングコンサルタント 前田 輝久

消費者直販を成功させるための3つのキーワード

みなさんは10年、20年、30年後の自社の経営において、どんなイメージを持たれていますか?漠然としたものでも構いません。前向きなイメージでしょうか?それとも危機的イメージでしょうか?

ちょっと過激な表現かもしれませんが、食品業界がこのまま現状維持を続けるということは、 “衰退”を意味します。

特に、食品業界に深刻な影響を与えるであろうと言われているのが、日本の人口減少です。約30年後の2048年、日本の人口は1億人を切るのだとか。(ちなみに2017年現在の人口は1億2600万人、2026年には1億2000万人に減少すると予測)。消費者の食事がダイレクトに収益に反映する食品業界において、人口減少は市場縮小、売上減少を意味しているのです。

東京などの都市部ではまだまだ実感が湧きにくいかもしれませんが、地方ではすでに人口減少が始まっており、その波は、じわじわと確実に都市部にも近づいてきています。既存ビジネスをただ続けていくばかりでは、30年後50年後の企業存続が危ぶまれてしまいます。

そのために取り組むべきことは、2つ。「新しい販路の拡大」そして「新しい商品の拡大」です。つまり、マーケット拡大に向けた取り組みですね。

では、どのような販路、商品でマーケットを拡大すべきなのか?

これからのメーカー、特に中小メーカーが取り組むべき販路は「BtoC直販」。
つまり、消費者への「直接販売」です。

このコラムは会員限定です。会員登録を行うと続きをお読みいただけます。

関連する記事