SANBOH TOWN

コラム

  1. トップ
  2. コラム
  3. 社員を育成する、評価制度!

社員を育成する、評価制度!

  • 人材育成・教育

「評価制度=社員の給与を決めるもの」とお考えの方も多いのではないでしょうか。もちろん、給与や賞与を決めるためのツールではありますが、それだけではありません。評価制度は、組織の経営目標を達成するために社員一人ひとりを育成する制度として活用できるのです。以下では、これを実現するためのポイント3つをお伝えいたします。

①評価項目に現場の業務内容を盛り込む
多くの場合、評価項目の大半は社員の意欲・態度など定性面や数値的な実績を評価するものだと思います。当然、これらは欠かせませんが、同様に、組織の目標を達成するために現場の社員がどんな行動をするべきか明文化し、評価することが重要になります。評価項目を見るだけで、いま何をするべきか明確になることで日々の成長が実現できます。

②考課者研修を実施し、評価者の評価基準を統一する
よく見受けられる課題は、評価者により、評価が甘い/厳しいなどばらつきが出てしまうことです。せっかく評価項目に現場の業務を盛り込んでいても、適正に評価されなければ現状把握も今後目指すべきことも曖昧になってしまいます。そういった場合は、考課者研修を実施し、会社としての評価基準を整えます。

おすすめの研修方法は、ケーススタディを用いることです。まずは評価者が個人で評価し、その後数名に分かれて、なぜその評価をしたのか議論してもらいます。この過程で、評価者は自分の評価基準ではなく会社としての評価基準を習得し、全体で統一されていくのです。

③フィードバック面談は社員育成の場
評価制度活用において最も重要なことは、部下に評価結果を伝えるフィードバック面談です。現状の課題を把握し、明日から何をするべきか明らかにしてあげることで、社員の育成を実現できます。注意するべきは、面接のゴールは点数やランクを伝えることではないということです。具体的には、以下のように進めましょう。

1.今期の振返り
2.評価シートから「良かった点」「改善点」をピックアップし、その理由を伝える
3.上記を踏まえ、今期取組むべき事項;「何を」「いつまでに」「どの程度まで」「どうやって」を明確にしてアクションプランを作成する

以上、3つのポイントからもお分かりになるかと思いますが、評価制度で社員を育成するためには、会社のサポートが不可欠です。整備するには時間がかかりますが、長期的な目線を持ち、社員育成のための仕組みを整えていっていただきたいと思います。

人手の少ない中小企業では、社員の生産性が業績に直結します。社員の生産性向上、スキル・ノウハウ向上のため、教育・研修や、業務の改善等、様々な取り組みを行っている経営者も多いのではないでしょうか。このような人材不足から来る課題の乗り越え方について以下のBookにまとめましたので、ご覧ください。

社員を育成する、評価制度!

株式会社船井総合研究所 人事評価・組織開発グループ
人財マネジメントコンサルタント 井上智弘

SANBOH 販売管理