SANBOH TOWN

コラム

  1. トップ
  2. コラム
  3. 中途採用を成功させたい中小企業がおさえるべき3つのポイント

中途採用を成功させたい中小企業がおさえるべき3つのポイント

  • 人材育成・教育

中途採用の成功に必要なのはターゲットを明確にすること×理念のうちだし×スピードです。それでは、一つずつ具体的にお伝えします。

ポイント①「求める人材を明確にする」

よくある失敗として、採用したが馴染めずに辞めてしまったという「採用のミスマッチ」があります。この場合、自社で「必要な人材」ではなく、他の応募者と比較してより「優秀そうな人材」を採用してしまっている可能性があります。
優秀な人が必ずしも活躍できるとは限りません。その時に必要な人物像(=ターゲット)を明確にして採用することが、成功に繋がります。
自社に合った人材を明確にするには、ズバリ、「ペルソナ分析」です。活躍している社員をモデルにし、どんな性格で、どんな経験を積み、何に価値を感じるかを書き出してみてください。活躍する人物の要素を見える化することで、自社が求めている人材が明確となり、結果として中途採用時のミスマッチを防ぐことができます。

ポイント②「理念に共感してもらう」

求人を出す際に注意すべきことは、会社の理念や価値観を求職者にきちんと訴求することです。
どんな業界でも、お客様は数ある企業の中から自身が共感できる「想い」を持った企業に仕事を依頼します。この「想い」を自分ごとのように主張できない人、大切にできない人には、会社の顔として仕事は任せられません。活躍できるかどうか以前に、その存在はリスク以外の何物でもありません。より多くの求職者を集めるべく、門戸の広い求人広告を作りがちではありますが、会社の考え方や求職者に求める価値観の発信を決して忘れてはなりません。

ポイント③「何よりスピード感重視」

優秀な人材は複数の企業へ応募するため、その中で第一志望の座を勝ち取らなければなりません。一般的に、応募が来たら折り返しの電話をし、面接の予定を組むと思いますが、連絡が応募から1、2日後になっている、ということはないでしょうか?
応募者の入社への思いが強いのは、応募をした瞬間です。面接率が高い会社は応募の瞬間に求職者へ連絡をし、その場で面接の約束をします。そのスピードは、5分以内だそうです。
スマホやITツールを活用し、役割分担をすれば中小企業でもスピード感を持って対応することは十分可能です。スピードこそが応募者を引き留めるカギであるという意識を持ち、採用業務のスピードアップを目指してください。

以上、「中途採用」を成功させる3つのポイントをお伝えしました。

また、上記3つのポイントの他、採用力を高め、中途採用を成功させるために、中小企業の経営者の皆様に取り組んでいただきたいことを以下のeBookにまとめましたので、合わせてお読みください。

中途採用を成功させたい中小企業がおさえるべき3つのポイント

株式会社船井総合研究所 ダイレクトリクルーティンググループ
チーフ経営コンサルタント 植松拓海

SANBOH 販売管理