1. トップ
  2. 次世代経営コラム
  3. 営業マンに頼らずに販路を拡大!業績好調な食品メーカーの秘策とは…?

営業マンに頼らずに販路を拡大!業績好調な食品メーカーの秘策とは…?

株式会社船井総合研究所 フードビジネス支援部
メーカー・フードビジネスグループ チームリーダー
チーフ経営コンサルタント 横山 玟洙

人口減少の加速や、原材料の高騰、消費者ニーズの多様化など…。

食品メーカーを悩ませる問題は、そこらじゅうに転がっていますよね。ただ、このように売上拡大が困難な時代にあっても、業績好調な食品メーカーは存在しています。

まずは、業績好調なBtoB主体の食品メーカーに共通する5つのポイントをご紹介します。

■こんな時代でも業績好調なBtoBメーカーの特徴とは?

1.新規見込み客開拓を営業マン任せにせず、見込み客作りは会社の仕事と考えている
2.売り込むのではなく、問合せに対して主導権をもって商談をすすめる反響型営業が主体
3.見込み客作りに、インターネット・DM販促を活用している。
4.商圏は全国に広げている。
5.新たな業種・業態をターゲットに加えている。

業績好調な食品メーカーは、当たり前ですが、販路拡大がとても上手です。そこでポイントとなるのが“WEB活用”!WEBを情報収集の手段としてだけでなく、企業情報の発信の場として利用することで、新規顧客獲得が実現できているのです。

とはいえ、「本当にWEBはBtoBの販路開拓に活用できるのか?」と思われた方も多いと思います。次は、WEB活用で販路拡大が実現したメーカーの声をご紹介いたしましょう。

■WEB活用で問い合わせが急増!
BtoB営業にWEBを活用することで下記のような成果を上げている中小メーカーがあります。

このコラムは会員限定です。会員登録を行うと続きをお読みいただけます。

関連する記事